le petit marche 伊那店
3

 

menu
   


私たちの店は長野県伊那市、新山という里山、標高1000mの場所にあります。新山は、三方を山に囲まれ、標高600〜1000メートルの丘陵地に清らかな水と緑に囲まれ、いかにも日本らしい自然の中に息づいているところです。 新山の山頂・高烏山(たかずやさん)からは、中央アルプス、南アルプスの山々が一望できます。

私たちはそこで年間約30種類の野菜を作り、レストランで提供しています。また土地柄、野生動物の肉を猟師さんから分けていただき、それがメニューに上がる事もあります。また春は山菜、秋は松茸などのキノコ類、山羊ミルクも使っています。

畑の肥料には飼育しているヤギの糞などを使い、化学肥料や農薬は一切使いませんので、お客様には安心してお食事いただけるかと思います。水は地下水を利用しているため、まろやかで美味しく、料理はもちろん、コーヒーや紅茶も格別です。
下水がないため、使った水は浄化槽を通して川に放流します。そのため、できる限り川を汚さないように、洗剤は生分解性の高いものや、重層、酢、クエン酸、木灰などを使っています。

一年の約半分は薪ストーブで暖を取ります。薪は店の裏の林や近所の山から出た間伐材を頂いています。またそれらの薪はお風呂を沸かしたり、手作りの石窯でパンやピザなどを焼いたりするのにも使われます。月に1回ほど、石窯パン教室を開き、地元の方々と一緒に天然酵母のパン作りを教えています。

2013年に山小屋mokkiをオープン。1日1組限定の畑付き山小屋を始めました。

 

 

 

history

2000年、ヨーロッパ各地の市場で買い付けた雑貨を紹介・販売するフリーペーパーとして誕生

2002年春に名古屋、栄に実店舗をオープン。
以降、フランスやオランダ、東欧、ロシアなどのアンティークや古着、民芸品、国内外のアーティストの作品を取り扱ってまいりました。

2007年7月、東山公園に移転。ミニギャラリーを新たに設け、幅広いジャンルのアーティストの作品を紹介していいきます。

2010年4月、長野県伊那市に、ヨーロッパの郷土料理と西洋民芸の店をオープン。

2010年12月、名古屋店閉店。


またイラストレーター松尾ミユキとともに創作ユニットles deux(レ・ドゥ)として雑貨制作出版などの活動をしています。

 

卸売りのお問い合わせはこちらからどうぞ。