記帳指導について

指導を受けられる方

旧尾西市の地域で事業を営んでいる"個人"の商工業者が対象です。
帳票のつけ方がわからなくて困っている方や、青色申告で55万円の特別控除を受けたい方など、是非お気軽にご相談下さい。

指導の方法

当商工会では機械化指導を推進しております。
記帳指導員が原則として毎月1回マンツーマンで帳票のつけ方を指導いたします。

(日程はお客様のご都合にあわせて調整します)


機械化指導の流れ

日々の取引を現金出納帳と預金出納帳に記入して、預金通帳等と一緒に商工会まで持参して下さい。
商工会で記帳指導員の指導を受けていただきます。
持参していただいた出納帳をお預かりして、記帳指導員がコンピュータ処理することで下記の帳票が作成されます。

作成される帳票
元帳、貸借対照表、損益計算書

機械化指導のメリット

コンピュータが自動的に帳票を作成するので正確です。
繁雑な帳簿づけから解放されて事業に専念できます。

作成される帳票により経営の合理化を図ることができます。

正確な帳票で金融機関等に対する信用力が増します。
 
  

手数料について

機械化指導を受ける場合は商工会の年会費(7,000円)の他に、下記の記帳手数料をご負担が必要です。

※1ヵ月あたりの仕訳行数(年間仕訳行数÷12)に応じて6つに区分されます。
※税抜き価格です。
1~29行

月次手数料
2,500円

決算手数料
3,500円


総額
33,500円

30~59行

月次手数料
3,000円

決算手数料
5,000円


総額
41,000円

60~99行

月次手数料
4,000円

決算手数料
7,000円


総額
55,000円

100~149行

月次手数料
5,000円

決算手数料
9,000円


総額
69,000円

150~199行

月次手数料
6,000円

決算手数料
11,000円


総額
83,000円

200行以上

月次手数料
7,000円

決算手数料
13,000円


総額
97,000円

ご興味のある方は、是非お気軽に尾西商工会(0586-62-9111)までお問い合わせください。



戻る