ボスニア・ヘルツェゴビナ民族音楽舞踊団ホームステイ 
   ホームステイ一覧に戻る

ボスニアのおばあちゃんたちはすごい!

ボスニア舞踏団のすばらしい民族舞踊を見てから、ワクワクしながら受け入れの日を待ちました。側で見ると皆背が高くて素敵な人ばかり。
我が家に来てくれたのは、大学生のズラヤ君とテシャ君。舞踏団の全員が別に職業を持つ「アマチュア」と聞いてびっくり。小学生の時から毎週同じ舞踏団で練習してる仲間たちで、全員がすべてのパートを踊れるそうです。

テシャ君は英語が堪能で(こちらは精一杯でしたが)来日前に日本に関した本を読んでて、いろいろな質問をしました。中にはこちらがあまり話題にしないこともあり、「日本はそんな風に見られているのか」と理解することも。
内戦当時の話(彼らは小学〜中学時代をすごしています)も聞かせてくれました。つらい時代を乗り越えて、今メール通信を楽しみ、ボスニアの文化を守り、大家族主義を誇る彼らに、自然に「がんばってね!」とエールを送りたくなりました。

そんな彼らが、我が家にプレゼントしてくれたのが、おばあちゃんからの手作りレース編み。すごく目がそろっていてきれい。孫の日本公演に何枚も編んで持たせてくれたようです。
最後の日は息子2人と主人と5人でスーパー銭湯探検。疲れ知らずの彼らは、無事金沢に旅立ちました。
  秦野 初代
ホームステイ一覧に戻る