イタリア共和国
            
イタリア館展示オリーブの樹の受け入れ−友情の樹−
 愛・地球博イタリア館に展示されていたプーリア州
   産で樹齢300年の貴重なオリーブの古木(幅3m×
   高さ2m)が一宮市
へ友好の証として、寄贈。
    「友情の樹」と名づけ、名鉄一宮駅コンコース西口
   に展示
されています。
 
愛・地球博が2005年9月25日に閉幕した後10月12日
   の深夜、オリーブの樹は一宮市にやってきました。
     その後、10月21日から一般公開。21日当日は、
   イタリア政府総代表のウンベルト・ドナーティ氏もテ
   ープカットに出席し、カンツォーネのミニコンサート
   も開催。

           

フレンドシップ事業トップへ戻る     2005年行事案内へ戻る    HOMEへ