龍神伝説
空海が819年に嵯峨天皇の命を受けて、真清田神社で雨を祈り霊験があったという伝承がある。空海が茅(かや)草で龍の形を作って祈ったところ、龍が動き出し雨を降らせたという。
It is believed that dragons have the ability to make it rain. According to legend, Emperor Saga ordered Kukai, a monk who was held in high esteem at that time, to make it rain at Masumida Jinja. In order to carry out this ritual, Kukai made a dragon out of ‘Kaya’, which is a kind of tough grass that is used to make roofs for houses. After making the dragon, kukai began to pray. While praying, the dragon came to life and began to move. As the dragon moved it started to rain.
その時、雨を降らした龍は竜王の怒りをかい、体をバラバラにされてしまい、村人が「龍神」として祀ったという。

「龍神石」は現在、境内の末社である八龍神社に御神体として祀られている。
 次に拝殿に進みます。
真清田神社ガイドメニューに戻る